いつもありがとう

前回は長文になり過ぎて失礼いたしました。
今回は短かめに。

 

女性に元気に働いてもらうためには

 
女性に、会社の戦力として元気に働いてもらうには、
『周囲の役に立っている実感を与えること』がとても大切です。

女性は、
「相手に何かしてあげたい」とか「相手の喜ぶ顔が見たい」
など「利他の気持ち」「母性本能」が強い生き物。

ですので、仕事への意味づけの部分でも、
『自分が周囲の役に立っている実感』
与えることが大変重要になります。

 

しかし女性は、営業職のように、
仕事の結果が見えたり
会社の売上に直結している仕事ではなく、
内勤業務・事務など、成果や結果が
表立って見えにくい仕事をされている方が
多いと思います。

つまり、周囲の役に立っている実感を
味わいにくいことが多いのです。

 

専務とのやり取りで

 
弊社の専務には、ずっと中を守ってもらっています。

以前専務に、
『仕事でやる気が出る時ってどんな時?』
と聞いたらこんな答えが返ってきました。

『社長の役に立っていると実感できる時。
逆に、何の言葉も無かったり、
あまり反応が無かったりすると、ちょっと悲しくなるな。』

ちょっと反省です…。

 

魔法の言葉は『いつもありがとう』

 
では、周囲の役に立っている実感を与える為に
最も簡単にすぐできる方法とは!

それは、
『いつもありがとう』
の一言を伝えること。

『そんなの言わなくても分かるやろ』
とおっしゃる方も多いですが、
実際は、口に出さないと相手には伝わらないものです。
(何か恋人同士の話みたいですが(笑))

『いつもありがとう』

お金もかからない、時間もかからない、
この小さなたった一言が普段から言えるかどうかが、
女性を活かす大きなポイントです。

是非、皆さんも今日から使ってみて頂けたら嬉しいです。

関連記事

  1. 現場の声に耳を傾ける
  2. 伝えることの大切さ
  3. 社外の女性と触れる
  4. 女子大生の口コミパワー
  5. 悩める女性に伝えたいこと
  6. 見られ方を意識する
  7. 女性のまめさを活かす
  8. 背景を知る
PAGE TOP