【女性のモチベーション】 意欲高く育休復帰した女性が、モチベーションダウンするのはなぜか?

育休から復帰するママのモチベーション

 

個人差があるとはいえ、育休から復帰して働きたいという女性は、一般的にはモチベーショ ンは高いです。
なぜかというと、「働かない選択肢があるにもかかわらず、さらに独身時代 よりも大変な状況になるにも
かかわらず、働くことを選んでいるから」
​です。

朝6時に起きて、朝食の準備、洗濯をして、化粧をして、さっと朝ごはんを食べて、子ども を起こして、
服を着替えさせて、朝ごはんを食べさせる。急いで保育園に送りに行き、会社 で仕事。定時で仕事を
切り上げて、保育園にギリギリでお迎えにいき、そこから帰宅すると すぐに晩御飯の用意。甘える子どもと
遊びながらも、やっと晩御飯ができて、一緒に食べ て、少し落ち着くから子どもと遊んで、お風呂に入れる。
すると夫が帰ってきて、晩御飯を 用意して、子どもを寝かしつける。その後は自分がお風呂に入って、
やっと一人の時間で気 づけば23時。残った仕事をしたり、ちょっと調べ物をして、0時過ぎに眠りにつく。

働くママの毎日はこんな感じです。(あくまで一例ですが)

大変だということをわかってほしいから書いたのではなくて、ここまでしてでも働こうという人は、仕事への
モチベーションが高いということなんです。 夫が働いている場合は、切り詰めれば、家族で生活はしていける
方が多いと思いますが、つ まりは働かなくていい選択肢もあるわけです。保育園に預けるとなると、保育料は
だいたい 6万円ほどはかかりますので、自分が時短勤務になると、お給料の大半は消えていく。
それでも働こう!と決めて復帰するのが、皆さんの会社におられる働くママさんなのです。

続きはこちらからご覧くださいませ。

 

人事Gate「女性活躍推進のウソホント」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=10&id=427

 

11月アイルコラム

関連記事

  1. もし、皆さんの部署の女性社員が明日妊娠したら?
  2. その業務、本当に必要ですか?
  3. 女性活躍推進は誰のため
  4. 女性部下はチームで育てる
  5. 【育休復帰】保育所が見つからない女性社員に対して、企業側ができる…
  6. 女性の愚痴に正論で返すのは余計なお世話?
  7. 良い保育園の見つけ方
  8. 日頃のコミュニケーション
PAGE TOP