その業務、本当に必要ですか?

その業務、本当に必要ですか?

ある小売業の会社でのお話です。

その会社は、内勤部門で育休取得者や時短勤務者が出た際、
派遣社員を雇用していたそうです。

しかし、社内であることを改善した結果、
派遣社員雇用の必要がなくなり、雇用費の削減につながりました。

さあ、何を改善したのでしょうか?

少し考えてみてください。












答えは、
古くから使っていたマニュアルの見直しを行った
です。

なあんだ、そんなことか!と思われた方もいるでしょうが、
実は、これかなりの効果があることなんですよ!

今まで、何の疑問も持たず行っていた、マニュアル通りのその業務は本当に必要か?
もしかすると、削減できるこうていもあるのではないか?

見直したことはありますでしょうか?

 

続きはコチラからご覧くださいませ。
人事Gate「女性を活かし企業を元気に!長期定着化のコツ」
http://jinjigate.jp/column_detail/blog_id=8&id=369

関連記事

  1. 不測の事態をどう乗り切るか
  2. 後輩から慕われる女性を育成する Part2
  3. 女性社員からのアイデアを出やすくするには
  4. 現場で育休復帰がうまく進まない理由を探る
  5. 【育休復帰】保育所が見つからない女性社員に対して、企業側ができる…
  6. 上司の何気ない一言が背中を押す
  7. 女性部下との関係性「横から目線」で作ろう
  8. 女性社員自らの“育休復帰できる”という意思をいかに育むか?
PAGE TOP