【育休復帰】保育所が見つからない女性社員に対して、企業側ができることは本当に無いのか?

復帰したいのに保育園に空きがないー

 

現在の日本の待機児童の人数をご存知ですか?
保育所入所待機児童数は、44,118人で、平成24年10月と比較し2,009人減少しました。
(厚生労働省2015年10月調べ)
人数が去年と比べて若干減ったとはいえ、働きたいけれど、預ける先がないという状況には
あまり変化がないようです。役所に何度も足を運び、担当者と仲良くなって情報を教えてもらって、
少しでも保育園に入れるように活動する「保活」という言葉まで出てくるくらいな状況です。
復帰して欲しいし本人も復帰したいが、なかなか保育園のあきがなくて育休を伸ばしている
という企業も多いのではないでしょうか。結局、会社としてできることってないよね。
と思われる担当者や上司の方もおられると思いますが、そんな中で唯一会社ができることを
今回はお伝えします。

続きはこちらからご覧くださいませ。

 

人事Gate「女性活躍推進のウソホント」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=10&id=430

 

コラム

関連記事

  1. 育休明けの社員は営業職につけないのか?
  2. 部署全員が「自分事」として捉える
  3. 管理職や上司の方対象の勉強会開催のポイント
  4. 上司の何気ない一言が背中を押す
  5. 私家庭があるので、これ以上仕事を増やすことができません
  6. 役職を視野にいれたキャリア形成のために必要なこと
  7. 不測の事態をどう乗り切るか
  8. 女性社員座談会は実は要注意
PAGE TOP