下向きになってしまったら

皆さんこんにちは。前本です。

今日はクリスマスイブですね。
皆さんはどんな一日を過ごされるのでしょうか。
大切な人と素敵な一日を過ごしてくださいね。

 

さて、今回のテーマは「下向きになってしまったら」です。

 

前回の私のエッセーを読んだ片山がこんなことを言いました。
「下向きやったら、ほんま何もわからんよな。
 自分が下向いてることさえ、わからない人もいるやろうしね。」

そこで考えてみました。
自分が下向きな時ってどうかな・・・・と。

私の場合、視線が下を向いているのはもちろんのこと、
言葉に「でも」や「だって」が多いなと気づきました。

「でも」や「だって」の後には自分を守る言葉しか出てきません。
つまり、目の前のことではなく、自分自身しか見てないということです。

 

言葉マジック

 

こういう言葉に気づいたら、まず言わないようにしてみましょう。
自分の言葉が耳に入ると、さらに思考が自分自身に向いてしまいます。

そして、「では!」や「じゃあ!」に変えてみましょう。
この言葉は新しいアイデアを出す時に使いますよね。
そう、自分自身に向いていた矢印が、外に向くきっかけになるのです!

言葉を変えるだけですが、大きな効果があります。

 

最近の皆さんの言葉はいかがですか?
「でも」や「だって」になっていませんか?

関連記事

  1. 家族の大切さ
  2. 相手の長所を見る
  3. トイレの神様
  4. 「段取力」を高める
  5. 「ツイてる」効果
  6. チームプレー
  7. ありがとうの力
  8. 新しいスタート
PAGE TOP