今を生きる

皆さんこんにちは。前本です。

昨日の台風は大丈夫でしたか?
久しぶりの雨にしては、強烈でしたね。

 

さて、今回は「今を生きる」についてお話ししたいと思います。

 
先日テレビで、赤ちゃんについての番組を見ました。

赤ちゃんは何歳から自分を認識するのか、
などの研究をされている先生が出ていた番組なのですが、
その中で、とても印象に残った言葉がありました。

「赤ちゃんは『今』しか生きていないんです。」

子供は3歳以前の記憶は残りにくいそうです。
そして、たとえ残っていても、時が経てば忘れてしまうか、
違う記憶とすり替わってしまうそうです。

過去に浸ることも、未来に不安を抱くこともない。
小さな体から、とてつもないパワーを感じるのは、
今を一生懸命生きているからなんだな、と改めて感じました。

 

昔はみんな出来ていた

 
このエッセーでも度々出てきていますが、
全ては今、目の前のことの積み重ねが、
大きな結果に繋がります。

とはいっても、今までの経験や体験から、
不安になり、一歩が踏み出せい自分もいます。

しかし、みんな赤ちゃんの時には
「今」を生きていたのです。

もちろん、全てを赤ちゃんのように!とはいきませんが、
昔は出来ていたんだな~と思えると、
「今を生きる」に対するハードルが
少しだけ下がったように感じました。

関連記事

  1. 一歩ずつ
  2. 最初の気持ちを思い出してみる
  3. 相手の長所を見る
  4. らしくあれ
  5. いつか取り組むなら今取り組もう
  6. 歩み寄る
  7. 自分の仕事、好きですか?
  8. 周囲の力をパワーに変える
PAGE TOP