【女性活躍】大企業は福利厚生が整っているから、 中小企業よりも女性が活躍できるってホント?

大企業の方が女性が活躍できるのか?ー

 

仕事柄、大企業の女性の皆さんとも、ベンチャー企業や中小企業の皆さんとも、幅広く色々 なお話を
お聞きする機会があります。

世間一般的には、大企業の方が、女性が活躍できると思われている風潮がありますが、お話を聞いていると、
必ずしもそうではない​と感じます。

確かに大企業の方が、福利厚生が整っています。
短時間勤務ができる期間が長かったり、金銭面で手当も多かったりと、安心して働き続けら
る環境はあります。そして最近は、出産を機に退職される方も、以前と比べるとかなり減った
という印象を受けます。 ただ、それで万々歳かというとそうではありません。

・時短勤務になると、周囲より働く時間が短くなり、必然的にパートができる仕事中心に なってしまった。
昇進も見込めず、モチベーションが上がらない。

・上司に働き方の変革を呼びかけても、前例がないのでなかなか実行できない

・夫が転勤が多い仕事についているので、そのうち自分は仕事を辞めないといけない

大企業は、福利厚生が整っていて、安心して働き続けられますが、 一方で、個々に柔軟に対応できる状況
ではないというデメリットもあります。

ですので、「両立はできるが、一時的に仕事のやりがいを諦めざるを得ない」​という部分で、
葛藤されている女性は多いです。もちろん、本人の意欲に応じて、上司も女性に仕事の チャンスを
与えていかれるとは思いますが、忙しい職場だとコミュニケーションが十分にとれず、すり合わせ
できていない部署も多いです。

また1人をOKしてしまうと、皆に示しがつかなくなるので、どうしても会社規定の中でしか決定できない。
よほど社長が大きな転換をしない限り、変えられない部分があるのも事実です。

続きはこちらからご覧くださいませ。

 

人事Gate「女性活躍推進のウソホント」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=10&id=418

 

8月アイル

関連記事

  1. 不測の事態をどう乗り切るか
  2. 【女性活躍】力仕事だから、女性には無理だってホント?
  3. 後輩から慕われる女性社員を育成する
  4. 続ける為の強いチームが作れる条件
  5. 目の前の仕事の改善が役職への近道
  6. 3年育休について
  7. 部署全員が「自分事」として捉える
  8. 管理職や上司の方対象の勉強会開催のポイント
PAGE TOP