女性管理職になるのは、損か得か

女性管理職になるのは、損か得か

 

自分らしい人生を送りたい

自分らしい働き方をしたい

という言葉を最近は特に目にするようになりました。

女性の生き方は以前と比べて選択肢が増え、
その分自分の人生の選択に悩む女性も多いと感じます。
実際私も、20代半ばからは大変悩みました。

仕事に生きる生き方もあれば、育児と両立をする道もあれば、
一回仕事を辞めて、また仕事に復帰する方法もあれば、専業主婦という選択肢もある。

どの道が自分にとって一番いいのかは、自分が決めて進んでいくしかありません。
何がいい悪いではなく、自分がそこに納得して進んでいることが大切だと思います。

ただその中で、自分らしい働き方を作り出すために必要なことがあります。
それは、自分に実力をつけることです。

社会や周囲から求められる人だからこそ、
働き方を自分が思うように作っていくことができる。

今はフリーランスという選択肢をとる女性も増えてきましたが、
スケジュールや仕事量を自分で調整することができるので、
仕事とプライベートの両立もしやすくなると思います。

ただ、フリーランスは毎月給料が入る保証はありませんし、
いつ仕事がなくなるかもわかりません。

その働き方ができるには、自分が会社を辞めて個人になったとしても、
仕事の依頼がくるぐらいの実力があってこそです。

女性管理職になるのも同じことが言えると思います。

 

続きはコチラからご覧くださいませ。

人事Gate「会社を成長させる女性社員の長期戦力化”13の秘策”」
http://jinjigate.jp/column_detail/blog_id=9&id=361

関連記事

  1. 妊娠後期の女性社員への対応について
  2. 現場で育休復帰がうまく進まない理由を探る
  3. 不測の事態をどう乗り切るか
  4. 女性部下との関係性「横から目線」で作ろう
  5. もし、皆さんの部署の女性社員が明日妊娠したら?
  6. 育休復帰後の女性社員の働き方
  7. 時短でも管理職
  8. イクメンプロジェクト
PAGE TOP