いつでも話せる環境を

皆さんこんにちは、前本です。

 

今回は「いつでも話せる環境を」についてお話ししようと思います。

 
片山のブログやメルマガにもありましたように、
この度、新しい命を授かることができました。

わかった時は、正直、嬉しさと不安と半分半分でした。

健診のたびに大きくなる命を見ると、とても神秘的で、
既に、感極まってしましそうになりました。

一方で、仕事も家庭も両立すると思い続けていたのに、
実際は体調があまりすぐれず、
どちらもままならない日もありました。

今の会社の状態で、妊娠してよかったのだろうか。
社会人として、妻として、母として、全うできるのだろうか。
そもそも、この子にとって両立することが、
良いことなのだろうか・・・・。

妊娠によるホルモンバランスの変化で、
脳や体が”守る”態勢に入ったというのものあるのでしょう。

仕事という”攻め”とのバランスが、
自分自身でわからなくなってしまいました。

 

アウトプットの効果

 

そんなある日、思い切って片山や主人に話してみました。
とてもありがたいことに、二人とも、最後まで聞いてくれました。

自身の弱気な面や否定的な面を出すのは、なかなかないのですが、
言葉で伝えることで、自分の気持ちと向き合えました。

なにより、話せてほっとしました

女性にとって、「話す」がもたらす効果は絶大です。
嬉しい時はもちろん、不安な時や否定的な時にも、
話せる環境を作っておくことは、とても重要
だなと、
改めて感じました。

 

とはいっても、まだ不安になることもあります(笑)
しかし、この私の経験がナチュラルリンクや、家庭で
活かせればと思っております。

関連記事

  1. 月下美人
  2. 起こる物事に偶然はない
  3. ありがとうの力
  4. 「世渡り上手になる」こと
  5. 家族の大切さ
  6. 幸せとは?
  7. 人は出会いによって磨かれる
  8. ゆとりを持つ
PAGE TOP