自分らしさを見つけるには

皆さん、こんにちは。
株式会社ナチュラルリンクの片山です。

今回のテーマは、「自分らしさを見つけるには」です。
 

「自分らしさ」って分かっているようで、分からないものですよね。
人のことは分かっても、自分のことはなかなか分からない。
 
でも後から振返ってみると、
「自分らしさ」が発揮されているときは、
物事がうまく回っている気がします。
 

自分らしさは、弱みを受け入れた時に発揮される―

 
自分らしさ=自分の良さ・強み
だと思うのですが、
どうすれば見つかるかというと、
 
『自分の弱みを受け入れたとき』
に初めて見つかるものだと思うのです。
 
自分らしさ・強みは、
実際は自分の中の奥底にあって、
それを妨げているプライドや見栄や、
自信の無さなどが、
それを発揮することを妨げている状態だと思います。
 
私の場合、
今の弱み(昔からですかね…)は、
 
■勢いだけでおっちょこちょいなところ。
■結構人目を気にしてしまうところ。
 
だからこそ、周りからの協力を得ることができるし、
人の気持ちに共感することができると思っています。

勢いだけで、実力も経験も無かったからこそ

 
私は以前営業をしていましたが、
周りの先輩に比べたら、
営業としてのスキルも無いし、話術も持っていない。
 
でも、トップセールスになりたいし、
自分が担当する地域の企業を、もっと良くしたいという
想いというか、勢いだけ持っていました。
 
そんな中で無理やり背伸びをしても、
おっちょこちょいで不器用な私はなかなかうまくいかない。
 
さてどうしよう…。
 
そこで、どうすればこの状況をプラスに変えれるか考えた結果、
今の自分を素直に受け入れ、お客様にも素直に伝えることにしました。
 
早速、担当のお客様に、
「私は、まだ新入社員で実力や経験も無いですが、
この地域の企業様にもっともっとよくなってもらいたくて、
そしてトップセールスになりたいんです!」
 
と伝えていったのですが、
 
(今思うと、自分勝手な言い分ですよね…。。)
 
伝えているうちに、
お客様が共感して下さり、助けて下さり、
お客様がお客様を紹介して下さり、
 
結果、担当地域の経営者の会も活気づき、
トップセールスになることができました。
 
そして振返ってみたら、
肩肘はることなく、自分らしく仕事をすることができていたなと感じますし、
自分の個性もそこで育っていったのかなと思います。
 
もしあの時、無理やり意地をはって進んでいたら、
こうはなってなかったかな…とも思います。
 
のびのび仕事をさせて頂けた会社にも感謝ですね。
 
現在も、社長としてあるべき姿と現実とのギャップや
自分の実力が伴わないことへのはがゆさや、
色々と自分のマイナス面を見てしまうのですが、
 
その状況をまず受け止めた時に、
 
■この起業したての状況と若さを活かして、
色々な方に協力して頂けるようにしようとか、
 
■人目を気にするからこそ、お客様に共感できる、
しっかりお客様が求めているものを感じ、
またアドバイスは必ず改善できるようにしよう
 
という気持ちで行動することができます。
 
自分のよさは、すぐそばにあって、
素直な目で自分をみてみると、
意外とすぐ見つかるものかもしれないですね。
 
私も、いろんなことがあっても、
ちゃんと自分を受け止めて、
自分らしく頑張っていきたいと思います。

関連記事

  1. 仕事は自分次第で楽しめる
  2. やめてみる
  3. 人と比べない生き方
  4. 苦手克服法
  5. 自信アップの方法
  6. 今を生きる
  7. 一周年
  8. 白鳥の水面下
PAGE TOP