最初の気持ちを思い出してみる

皆さんこんにちは。
ナチュラルリンクの片山です。

本日は、
「最初の気持ちを思い出してみる」です。

最近、起業しようと思った時のことを、
思い返してみました。

日々、目の前のことに必死になっていると、
最初の新鮮な気持ち、純粋な気持ちを、
忘れているなぁ~と思い、

じっくり思いだしてみました。

起業を決めたのは―

私は25歳の時に、
起業しようと決めました。

ちょうど周りの女性の友人が、
結婚とか、出産が間近に迫り、

今後の働き方に悩む時期で、
あれだけ仕事が好きで、
頑張っていたのに、

「働きたいけど、
結婚して子供できたら無理やしなぁ」
とか、

「このままこの会社にいて、
いいのかなぁ」
とか、

モチベーションが下がってきて、
結局、仕事を辞めたりということを、
多々見ていました。

せっかく頑張って、
仕事を続けていたのに、なんてもったいない…。

でもこれって、企業にとっても、
大きな損失だよなぁ…。

仕事と家庭って、
もっと両立できないのかなぁ。

と思ったのがきっかけでした。

でもこれを、
どうやってビジネスにするのか、

そして、どんなサービスになるのか、

色んなことを考えて、
やってみてはうまくいかず、

つくってはやり直し、
そして、目の前のことに必死に
なって1年以上経つうちに、

最初に持っていた気持ちを、
少し忘れてしまっている自分に気づきました。

純粋な気持ちを思い出してみる―

でも、起業した時の気持ちを思い出すと、
心がすっとするもので、

色々と複雑に考えていたけど、
思い返すとまたスタート地点に戻れるというか、
クリアな気持ちになりますよね。

皆さんも、
最初に今の会社に入社した時の気持ちを、

少し思い返して頂くと、

きっと、不安もあったけれど、
ワクワクドキドキ、希望に満ち溢れ、

素直な気持ちで、
一生懸命仕事に取り組んでらっしゃったと
思います。

お客様から頂いた「ありがとう」の一言が、
すごくすごく嬉しかったり、

上司からちょっと褒められただけで、
とてもやる気になったり、

初めて獲得した成果は、
涙が出るくらい嬉しかったり。。

ずっと続けていると、
最初の気持ちを忘れてしまうのは、
当たり前だと思いますが、

でも改めて、思い返してみると、
また新鮮な気持ちで、
仕事が出来るかもしれませんね。

人生の中で、ほとんどの時間仕事しているのだから、
やっぱり仕事は楽しまないとですね^^

では、今週も1週間、
楽しんで頑張りましょう♪

関連記事

  1. 焦らなくてもいい
  2. 頑張る女性は美しい
  3. チームプレー
  4. 自分を解放する
  5. 一歩ずつ
  6. 自社の商品に惚れ込むこと
  7. 周囲と自分のバランス
  8. 「ものを大切に扱う」
PAGE TOP