良い人間関係をつくる基本

皆さんこんにちは。

株式会社ナチュラルリンク代表取締役の片山美菜子です。
 

本日のテーマは、『良い人間関係をつくる基本』についてです。

 

―ハピ女ランチにて―

 
先週の18日(木)12時~13時半で、
梅田にて、大阪で働く女性のランチ会(ハピ女ランチ)を行いました。

これは、純粋に20代~30代の大阪で働く女性の交流目的で、
今月から月に1回弊社主催で開催していくランチ会です。
(男子禁制です笑)

社会人1年目~10年目の方まで、

また営業の方、事務の方など、

素敵な働く女性がご参加下さいました。

ご参加下さった皆さん、ありがとうございました。

ハピ女ランチの様子はコチラです。
⇒http://www.natural-link.jp/results/1372/

話に夢中になって、写真を撮るのを忘れていましたので、
全て食べ終わって帰る時の写真になっています。すみません…。

(興味のある方は、info@natural-link.jpまでお問い合わせください。)
 

人間関係の基本は―

 
その中で感じたことは、

人間関係をつくるためにまず大切なことは、

相手に興味を持つこと

だということ。

今回のハピ女ランチでは、

ほとんどが、初対面同士の方々なのに、

打ち解けるのが早いこと早いこと…!

仕事の話から、結婚の話まで、

昔から知り合いだったかのように、

ざっくばらんに話をされていました。

(もちろん私も混ぜて頂きました♪)

何でかな、

女性特有のコミュニケーションの取り方なのかなと、

色々考えていたのですが、

やはり、

皆さんが相手対して興味を持って話をされている

ことが大きいなと感じました。
 
 
「どんな仕事をしているのだろう?」

「社会人何年目なんだろう?」

「どんなことを考えながら仕事をしているんだろう?」

「モチベーションのコントロールはどうしているんだろう?」

「まだ若いのに、何でそんなにしっかりしているんだろう?」

「家庭と仕事についてはどんな風に考えてるんだろう?」
 
 
相手を知ろうといろんな質問をし、

「そうそう!」と共感したり、

「へぇ~!」と驚いたり、

そうやって、その場の空気が動き、

温かくなり、お互いの距離が縮まり、

話しやすい雰囲気が生まれ、

さらに会話が弾む。

 
その一番の根本は、

「相手に興味を持つ」姿勢を皆さんが持ちながら

話をされているからでした。

 
近い人にこそ―

今までの仕事場であってもまた初対面であっても、

『ちょっと相手に興味を持ってみよう』

という姿勢で接してみると、

思わぬ発見があったり、

もっと仲良くなれたり、

良い人間関係がつくれるきっかけに

なるかもしれませんね。

でもこれって、近い人ほど難しい。。。

家族や、友人や、

近い人ほど、大切に

こうした気持ちを持って、

接していこうと思います。

関連記事

  1. 毎日を無事に過ごすこと
  2. 目の前のことに目を向ける
  3. ロールモデルに触れる
  4. ラッキーの力
  5. 火傷から学んだこと
  6. チームプレー
  7. 普通とは
  8. 出産
PAGE TOP