一芸+チームワーク

お久しぶりです!こんにちは。インターンズ川人です。

インターンシップを初めて2か月経ちました、
今回はそんな中私が感じていることを書きたいと思います。

==

2か月を振り返ると

==

1か月目は「仕事って何をすればいいの?」と何をすべきか、
何ができるのかわからないといった感じで過ぎてしまい。
2か月目は仕事内容は掴めてきたものの

私のやり方が正しいのか時には不安になりつつも、とにかく目の前にあること
今できることをただがむしゃらにつっきてきたように思います。

==

そんなかでの仲間の大切さ

==

私が「わからない」といえば丁寧に教えてくれ、行動がぶれそうに
なったときは適格なアドバイスで「気づき」を与えてくれ、
疲れて落ち込むとそれを察して励ましてくれます。

2か月前までは顔も知らなかったのに一つの夢を目指すことで
仲間は私の最強の武器になっていることに気づかされました。

そして私たちはそれぞれ全く違う才能、性格、考え方を持っていると強く感じます。
それは行動力、情報通、技術力、勤勉、瞬発力、コミュニケーション力、気合であったりします。

人はみんな完璧でないからこそ各々が得意な部分(一芸)を持ちながら、
それを持ち寄ること(チームワーク)で
苦手な部分はカバーされまた強みは最大限に発揮される。

==

「一芸+チームワーク」

==

この言葉は尊敬する師からのうけおりですが、とてもすてきだと思ったので
これからはこの言葉を心にとめてまだまだ試行錯誤ではありますが、

引き続きあと4か月しかないインターン生活を大切に
過ごしていきたいと思います!

よろしくお願いいたします!

関連記事

  1. 変化に対応する
  2. 仕事で女性は綺麗になれる
  3. 話せる環境に不可欠なこと
  4. 仕事術をアップさせる方法
  5. やった方がいいなぁ~と思うことをやること
  6. 全てに意味がある
  7. 「情熱」で「常識」を超える
  8. 火傷から学んだこと
PAGE TOP