どんな自分も全部自分

皆さんこんにちは。

ナチュラルリンク代表の片山です。

今日のテーマは、

『どんな自分も全部自分』です。

・何が本当の私か良く分からないんです。

・オンとオフの自分が違いすぎて

本当の私がよくわかりません…。

・仕事では本当はすごく無理してるのかも、

どんどん本当の自分とかけ離れていく気がして…。

とか、

そういったお話を聞くことがあります。

私も以前、

ずっとそんな風に思っていました。

何が本当の自分なんだろうか。。

私って相当八方美人なのかな。。

…とか。

でも最近思うようになりました。

別に、自分を一つにする必要はない。

色んな自分全部含めて、自分なんだなと。
 

色んな顔―

 
経営者の方とお会いしていると、

本当に色々な顔をお持ちだな~と思います。

仕事の時の顔、

プライベートの顔

単純に楽しむ顔、

静かに深く語る顔、

色んな顔があって、

でも決して見ている側は、

「ん?何だこの人は?どれが本当のその人なのだ?」

とは思わないものです。

むしろ、

色んな顔があって、

ギャップがあって、

より、魅力的にうつります。

普段は、

「目標達成やー!」

とおっしゃっている社長が、

お子さんといらっしゃる時に、

目尻が下がりっぱなしの

様子を見ると、

妙に嬉しくなります(笑)
 

色んな自分―

 
人前では元気な自分

家に帰ったら根暗な自分

この人の前ではこんな自分

でもあの人の前では全然違う自分

例えば私は、

人前では結構元気です(笑)

二人っきりになると、また全然違います。

 
1人になると、結構インドア派だったり、

家族の前では、

「うん」とか「はぁ」とかしか

言いません(笑)

でも、スイッチが入るとすごくしゃべります。

この中で、

本当の自分って誰?

と考えても答えは出なくて、

やっぱり全部、自分です。

人って、色んな役割を持っていますよね。

仕事での役割、

家族の中での役割、

友達同士の中での役割、

恋人同士での役割(あ、ここは役割じゃないですかね)

だから、

その役割に応じて、

出てくる自分は自然と変わる。

たまには無理してるかもしれないし、

違和感があるかもしれないけれど、

でもその場その場で、

ちゃんとその役割を

果たそうとしている自分がいる

というのは、

素晴らしいことだなと思います。

 
むしろ、どこでも

「私は私だから」と言って

自分を変えない方が、

不自然だったりしますもんね。

 
だから、

どんな自分も自分であって、

その時その時で、

自分らしくいれたら最高だな~と思います。

どんな状況であっても、

楽しんで、

幅の広い女性になっていきたいですね。

関連記事

  1. もがくこともすごく大切
  2. 戦わずして解決する
  3. 迷わないために考え、学ぶということ
  4. ハピ女ランチ
  5. パートナーとのコミュニケーション
  6. 目の前のことに目を向ける
  7. 「ツイてる」効果
  8. 今年のテーマについて
PAGE TOP