違和感を分解する

皆さんこんにちは。

ナチュラルリンク代表の片山美菜子です。

本日のテーマは、「違和感を分解する」です。

仕事をしたり、人と話したり、自分の行動だったり、

日常生活の中で、違和感を感じることってあると思います。

「なんかおかしいな」
「なんかしっくりこないな」
「素直に動けないな」

自分の気持ちが、自然に反応していない状態というか…。

この違和感を感じる力は、
男性よりも、感性型と言われる女性の方が強い気がします。

よく言う、夫の浮気をすぐ見抜く妻みたいな…(笑)

違和感の分解―

最近、

「違和感を感じる」と同時に、

その違和感を「自分なりに分解してみる」と、

そこに大きなヒントや発見があることに気づきました。

「違和感がある」ということは、

「このままじゃなくて、何かを変えないといけないよ」

というサインが出てる証拠。

 そして、それを考えることによって、

「あぁ、そうか」

と自分の中で紐解けた時、視界が開けて、

また自信を持って行動していけるようになると思います。

答えは目の前にある―

以前の会社で営業をしている時、

お客様に自信を持って売れない時期がありました。
初めて営業でトップになった年の翌年だったのですが、

「去年は結果が出たのに、
今年は結果が出せないのはカッコ悪い。
だから絶対売らないと!」

という、半ば「変なプライド」と「見栄」で、

無理やり気持ちを奮い立たせて頑張っていたのですが、

どんどん売れなくなる悪循環。

ある時いきづまって、
何で自信を持って売れないのか、
この違和感について、考えてみました。

いきついた答えは、

「自分が数字だけを追っていたから」

自分の目標を達成する為に、という部分に、

偏り過ぎてしまっていたから。
 

自分の提案が、

お客様の業績が上がったり、

課題を解決するものに繋がっていなくて、

当然、提案に自信がないので、

あと一歩押せない。

肝心な時に、

後ろめたさというか、遠慮が出てしまっていたのでした。

当たり前のことなんですが、

自分が見えていなくて、
でもそこに気づいてからは、

ちゃんとお客様の話を聞いて、

自信を持って提案していけるように、

意識を変えていくことができ、

以前よりも、

結果が出るようになりました。

 

これはお客様にとって必要だ!」

と自分が納得できると、
たとえお客様に断られても怖くなくなって、

逆に燃えるというか(笑)

熱意をもって営業ができるようになりました。

違和感と向きあう―

もしあの時、

違和感を感じても、無理やり押さえこんで営業をしていたら、

きっと泥沼にはまってしまってたと思います。
せっかくの「違和感」というサインを無視してしまうのは、

とてももったいないこと。
だから、もし皆さんの中でも、

今の仕事に違和感を感じることがあったり、

人間関係に違和感があったりしたら、
「それは何故なんだろう?」

と考えてみられると、

素敵なヒントが待っていると思います。
新たな発見があり、すっきりした気持ちで、

楽しく仕事ができるきっかけとして、

是非、試しにやって頂けたら嬉しいです。
今日も一日、私も楽しんで頑張ります。

関連記事

  1. 日常に彩(いろどり)を添えて
  2. 「世渡り上手になる」こと
  3. 仕事を楽しむコツとは
  4. 「段取力」を高める
  5. 普通とは
  6. ロールモデル(目指す存在)を持とう
  7. 自分の気持ちに素直になる
  8. 新しい出会い
PAGE TOP