成長曲線

皆さんこんにちは。
ナチュラルリンク代表の片山です。

今日のテーマは、
「成長曲線」です。

以前の会社で、営業をしていた時、
頑張っても頑張っても成果が出ない時期がありました。

自分の営業の目標が前期の倍になったので、
今までのやり方では駄目だと思い、

初めて自分なりに営業について本を読んだりして、
勉強し始めた時期でした。

ところが、いくら頑張っても、全く成果が出ない。
それどころか、明らかに前よりも成果が作れなくなっている。

営業としては非常に辛い状況に陥りました(笑)

アンテナが変わることにより―

今まで知らなかったことを知ったり、
見えていなかったことを見るようになったことで、

今までは気にしてなかったのに、
お客様の心理を意識し過ぎてうまくいかない。

自分のアンテナが前より立つようになったことで、
色々な情報が入りすぎて混乱する。

明らかに前よりも努力しているのに結果が出ない。

そんな状況が続き、
新入社員の時、何も考えずに営業していた時の方が、
うまくいってたと思うと、妙に情けなくなり、
モチベーションのアップダウンも前より激しくなりました。

そしてしばらく経ったある日、
耐え切れずに先輩に相談しました。

先輩の助言―

先輩は一通り話を聞いたあと、

「今が一番大事な時期やな。
行動や考え方の方向性は間違ってないと思うよ。

でも正しく頑張っても、最初のうちは、
頑張りと成果とは必ずしも比例しない。

そういうのって、ある時期を越えた時に、
急に結果に繋がりだすもんやで。

大きくジャンプするには、思いっきり縮まないかんやろ?
今はその準備の大事な時期やから、
もうちょっと頑張り。」

その話を聞いたとき、
正直あまりよく理解できませんでした。

そんなことより私は早く結果を出したいのに…!
と、逆にまた歯がゆくなった訳ですが(笑)、

でも先輩が言うように、
しばらく頑張っていると、ある日を境に、
急に成果に繋がり始めました。

初対面のお客様とも、
すぐコミュニケーションが取れるようになったり、

前よりお客様が、本音や悩みを
話してくださるようになったり、

お客様の方から、提案してと言って頂けるようになったり、

そして成果が出始め、
紹介を頂くことも以前よりどんどん増えていきました。

自分では気付かなかったのですが、ある日先輩から、
「壁をひとつ越えたみたいやね」と言われて、
ハッとしたことを覚えています。

掴んだもの―

そこからは、
お客様とのやりとりの中で、何を大事にしたらいいのか、
何に集中したらいいのか、

少しずつ体に染み込ませることができていきました。

あとから考えると、

「知っている」と「できる」ということは違う、

「知識」を「知恵」にするには、
絶対的な量が必要だということだったのですが、

そのタイミングはある日突然やってくるんだなと
ということを、その時に実感しました。

今仕事で、うまくいかないことがあったり、
思い通りに行かなくてはがゆいことがある方も
いらっしゃるかもしれませんが、

きっとそれは、
大きく飛躍するための準備期間なのだと思います。

それを信じて、
今目の前の仕事に、一生懸命取り組むことが
できたら、仕事はもっと楽しくなるかもしれませんね。

では、今週も1週間、楽しんでがんばりましょう♪

関連記事

  1. 一歩を踏み出すこと
  2. サプライズ
  3. 「段取力」を高める
  4. 目の前のことに一生懸命取り組む
  5. 「情熱」で「常識」を超える
  6. モノにも感謝を
  7. いつか取り組むなら今取り組もう
  8. 今を生きる
PAGE TOP