相手の長所を見る

こんにちは。
ナチュラルリンク代表の片山です。
 

『相手の長所を見る』です。

物事には―

 
物事には必ず、

プラスの面と、マイナスの面があると思います。

仕事は、

楽しい面もあれば、辛い面もある。

自分が勤めている会社も、

良い部分と、良くない部分がある。

ケーキは、

美味しいけれど、太る(笑)

 
人間も一緒だと思います。

・長所もあれば、短所もある

・得意なこともあれば、苦手なこともある

 
自分自身がそうであるように、

人間は完璧じゃないですもんね。
 

以前の会社の上司―

 
以前の会社で働いていた時、

上司の嫌な面ばかり

目についた時期がありました。

 
ちょうど仕事が面白くなってきて、

営業としても成果がついてきた時期だったのですが、

あるとき先輩に、

延々と愚痴をこぼしてしまったことがありました。
 
・何でこの人はこんなに厳しいんだろう

・何でこんなやる気をそぐ言い方ばかりするんだろう

・意見を言ってもいつも話を遮られるし、よく怒るし、

・言葉足らずだし

 
するとその先輩に言われました。

 
『じゃあそういう片山さんはどうなの?

人のことを偉そうにいえるくらい、

完璧な人間なの?

僕から見たらその上司は、

責任感が強くて、

部下の成長の為に、

厳しいことも言ってくれて、

素晴らしい方だと思うよ』

 
衝撃でした。

と同時に、自分がすごく恥ずかしくなりました。

思い返すと、

入社して営業に配属になり、

最初は成果が「0」で全然結果が出なかった時、

「おまえは絶対大丈夫やから、信じて頑張れ!」

と励ましてくれていたのは、

その上司でした。

 
新人賞を頂いた時も、

一生懸命私のことを推薦して下さっていた

というのを、後から聞いたことがありました。

上司の良い面や、感謝できる面を

全然見ようとせずに、

愚痴ばっかり言ってた自分が、

すごく情けなくなりました。
 

自分の見方1つで―

 
人って不思議なもので、

それからというもの、

上司の良い面を見ようという

思考回路で上司と接すると、

今までの嫌な部分が気にならなくなっていきました。

 
逆に、何であんなこと気にしてたんだろう…

というくらいに(笑)

 
相手の短所を探そうとすると、

視野がどんどん狭くなるらしいです。

でも、長所を探そうとすると、

どんどん視野が広くなり、

短所が目立たなくなる。

 
北風と太陽のように、

お日様が、旅人と大きくぽかぽか照らすのと、

北風が、旅人めがけて風を吹き付けるのと、

そんなイメージなのかな~と思います。

結局は、全部自分の考え方・捉え方なのだと

気づいた時、

自分の中で一つ、壁を超えた気がしました。

(とはいえ、厳しい上司だったので、

またすぐに愚痴も言いたくなってましたが(笑)

そこで頭を切り換えることができるようになりました)
 

長所を見ると、自分もHAPPYになる―

 
自分が相手の良い面を見て接すると、

相手も自分の良い面を見てくれるようになるという、

好意の互恵性』という法則があるそうです。
 
 
家族や、友人や、上司や、先輩や、後輩や、

お客様や、

周囲にいる人たちに対して

「長所を見る」

ということを少し心がけると、

自分自身もより楽しく働けるきっかけに

なるかもしれませんね♪

では私も、今週1週間、楽しんで頑張ります♪

関連記事

  1. 自分の気持ちに素直になる
  2. もがくこともすごく大切
  3. 「情熱」で「常識」を超える
  4. ありがとうの力
  5. 一歩を踏み出すこと
  6. 新しい出会い
  7. nowhere
  8. 全てに意味がある
PAGE TOP