女性のロールモデルは外にもいる

皆さんこんにちは。
ナチュラルリンクの片山です。

本日のテーマは、
「女性のロールモデルは外にもいる」です。

==
先日専務が、
教えてくれました。

「女性は、不確実性に対する耐性が
男性に比べて低いらしいよ」

女性は、
遥か昔、夫が狩りに出ている間に、
集落を守るという役割があった為、

納得し、100%安全だと思わないと
動かない生き物だと言われています。

また彼女が彼氏に、
「私のこと好き?」
とか、

「これって、付き合ってる?」
とか、確認するのも、

(面倒くさくても、
ちゃんと答えてあげて下さい笑)

占いがやたらと好きだというのも、

この不確実性に対して、
何か確実なものが欲しいという
本能の表れだと言われています。

==

ではそんな女性が、
自発的に頑張ろう!と思えるには?
ということですが、

それにはやはり、
「ロールモデルの存在」
がとても大きいと思います。

近くに、
楽しんでイキイキ働いている、
素敵な先輩がいたら、

迷うことなく、

「私もチャンレンジしてみよう!
頑張ってみよう!」

と思えるもの。

ただ、周りに目指したいロールモデルが
いないという女性の声をよく聞きます。

そんな時にはどうするか。

==

社内に目指す存在がいなくても、

もっと外に目を向けたら、
素敵に働くロールモデルはたくさんいますし、

私自身も、
トレンダーズの経沢香保子社長や、
ワークライフバランスの小室淑恵社長や、

そういった方々の存在を本屋さんで知って、

「社長も仕事と家庭を両立することはできるんだ!」
という大きなパワーをもらい、
自分の働き方を見つめるきっかけをもらいました。

また、そんな存在を目指して
頑張っているうちに、

社内で自分が、
後輩から目指されるロールモデルになっていた
ということもよくお聞きします。

女性が目指すべき存在がいない
という悩みをこぼした時には、

日経ウーマンとか、本屋さんとか、
そういった外の情報を入れることをアドバイスするのも、

有効な方法かもしれませんね。

関連記事

  1. 女性のまめさを活かす
  2. 現場の声に耳を傾ける
  3. 背景を知る
  4. 女性は話すことが大切
  5. 女性社員活用について
  6. 女性の涙の対処法
  7. 女性の心を動かす
  8. 嫌いだけど、尊敬する上司
PAGE TOP