育休から早く復帰してもらうには

育休から早く復帰してもらうには-

育休復帰体制を作りたいという企業をサポートさせて頂いて、
実際に育休から復帰した女性が働いている部署で
よく感じることがあります。

それは、お互いに話をすれば解決するのに話さないから
解決されないということが多い
ということです。

上司や仲間側は、
「この人は時短勤務だから、イレギュラーな仕事には対応できないだろうし、
これ以上仕事の負担が増えたら大変だろうから、仕事はできるだけふらない方がいい」と思っている。

そして、
「自分たちはこんなに忙しく働いていて仕事もたまっているのに、あの人はいつも先に帰っている。
状況は分かるけれど納得行かない」という不満がたまってしまう。

一方で、時短勤務をしている女性側は、
「はやく帰るのは周りに申し訳ないけれど仕方がない。でも最近は仕事にも慣れてきたのに、
もう少し仕事を振ってもらってもいいのになぁ。
パートみたいな仕事しかできてないしやりがいが少ない」
と思っている。

そして、
「私は部署から必要とされていないんじゃないか。
今まで私は何のために仕事 を頑張ってきたんだろう。」
と虚しさがこみ上げてくる。

立場が違うだけで、
どちらの気持もわかりますが、こういった話を双方から聞くことが多いです。

続きはコチラからご覧くださいませ。
人事Gate「女性を活かし企業を元気に!長期定着化のコツ」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=8&id=372

関連記事

  1. 役職を視野にいれたキャリア形成のために必要なこと
  2. 女性活用という言葉
  3. 女性リーダー育成のポイント
  4. 時短でも管理職
  5. 女性社員自らの“育休復帰できる”という意思をいかに育むか?
  6. 3年育休について
  7. 会社に居続けるということ
  8. 女性部下はチームで育てる
PAGE TOP