女性社員からのアイデアを出やすくするには

女性社員からのアイデアを出やすくするには

 

これは女性社員に限ったことではないですが、

「もっと色々なアイデアを出してもらいたいのに 意見を言ってくれない」

「改善提案がなく現状維持のままだ」

「普段は色々意見がありそうなのに、 会議になると全く意見が出ない」

等と、おっしゃる役職者の方は多いです。

 

でも、本当にそうでしょうか?

 

一方で女性社員の方にお話をお聞きすると、

「提案をあげてくれというけれど、提案をあげたら
『それは自分たちで解決できることだから何とかしろ』と言われた。」

「提案書としてあげたのに、机の上にいつまでも残っていて読んでもらっていない。」

「具体的に上司がどんな部分で改善してほしいと思っているかわからない。」

「意見をあげても、結局は上司の考えが実行されるので私たちは考えても仕方がない。」

などの意見があがります。

 

会社は組織なので、全体最適の視点で物事を考えて実行することになりますし、
上司の方も忙しくてなかなか部下の話を聞けない状況もありますが、

上記のように部下が感じる状況が続くと、 「意見を言っても仕方ない」という諦めモードになり、
意見はますますあがらなくなってしまいます。

 

ではどのように対応したらいいのでしょうか。 ポイントは2つ!

続きはこちらをご覧くださいませ。

 

人事Gate「会社を成長させる女性社員の長期戦力化”13の秘策”」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=9&id=333

 

関連記事

  1. 育休明けの社員は営業職につけないのか?
  2. その業務、本当に必要ですか?
  3. 役職を視野にいれたキャリア形成のために必要なこと
  4. 女性社員自らの“育休復帰できる”という意思をいかに育むか?
  5. 子育てしながら働く葛藤
  6. 海外の働き方と女性管理職登用
  7. 会社に居続けるということ
  8. 自分の部署で、女性管理職を育てる為のステップについて
PAGE TOP