役職を視野にいれたキャリア形成のために必要なこと

今回は、

役職を視野にいれたキャリア形成のために必要なこと

についてです。

 

入社の段階から、
「役職に就きたい!」「管理職になりたい!」という思いで
入社して来られる女性社員さんは、あまりおられません。

周囲に女性管理職やリーダーが少なければなおさら、
役職というポジションが、自分とは全く違う世界のものだと、
知らず知らずのうちに考えてしまっています。

 

また、例え役職に就く女性がいたとしても、
その方が結婚していない、出産していないという状況ですと、

「私は、結婚もしたいから、◯◯さんみたいにはなれない。」
「◯◯さんは特別でスーパーウーマンだから私とは違う。」

と思ってしまう方も多いです。

結婚や出産が全てではありませんが重要な部分ですし、
「自分が結婚して役職を両立できるのか」というところは女性にとっては気になるところですね。

 

ただ、20代でまだ結婚もしてないのに、
今の状態からまだ起こっていないことについて不安になっている女性が多いことも事実です。

「役職についたらプライベートの時間がなくなる。結婚できなくなるかもしれない。。」

でも結婚や育児などは、そのタイミングが来た時に考えればいいのです。

私の周囲には、管理職になって育児している女性もたくさんいますし、
実際、私も昨年結婚し、今年出産を予定しています。

プライベートに変化があるまでは仕事を一生懸命頑張ることで自分を磨き、
素敵な出逢いを手に入れる準備をしているのだという気持ちでちょうどいいと思います。

 

ではこの状況で、「この社員には役職について活躍してほしい!」という方に
役職を視野にいれてキャリアアップしてもらうにはどうすればいいのでしょうか。

 

続きはこちらからご覧くださいませ。
人事Gate「会社を成長させる女性社員の長期戦力化”13の秘策”」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=9&id=305

関連記事

  1. 【育休復帰】保育所が見つからない女性社員に対して、企業側ができる…
  2. 管理職や上司の方対象の勉強会開催のポイント
  3. 後輩から慕われる女性を育成する Part2
  4. 現場で育休復帰がうまく進まない理由を探る
  5. 部署全員が「自分事」として捉える
  6. 柔軟な働き方ができる組織へ
  7. 目の前の仕事の改善が役職への近道
  8. 女性社員自らの“育休復帰できる”という意思をいかに育むか?
PAGE TOP