仕事術をアップさせる方法

今回のテーマは「仕事術をアップさせる方法」についてです。

以前も書きましたが、私は会社設立以前は、新入社員で入社した会社で5年半、営業として働いていました。
お陰様で、トップセールスになることができ、たくさんの表彰をして頂きました。
そうなった一番のキーは、「入社当時からトップセールスの先輩の仕事の仕方を真似してきた」ということが挙げられると思います。

入社当時の私は、成績が「0」のできない営業パーソン。社内の誰よりも多くお客様のところへ面会に行き、電話をし、朝早くから夜暗くなるまで、足が棒になるくらい一生懸命頑張っているのに、何で結果が出ないんだろう。私は営業にむいてないのかな…なんてそんなことを思いながら数ヶ月が経ちました。

先輩の仕事の仕方を真似ることにしました―

ある日ふと周りに目を向けてみました。当時社内では、Tさんという女性のトップセールスの先輩が活躍されていました。いつみても、誰よりも楽しんで仕事をしている。そして定時でちゃんと帰っているのに、結果はトップ。「なんてすごい先輩なんだ!私とTさんの一体どこが違うんだ!」と思ったその日から、私はこのTさんの仕事の仕方を真似ることにしました。

Tさんをつかまえては、「お客様とどんな話をしているのか」「どうすればお客様からそんなに可愛がってもらえるのか」「どんな手帳の使い方をしているのか」「どうすれば定時で帰っているのにトップの結果が出せるのか」ありとあらゆることを聞いて、見て、自分なりに感じたことを実行してみました。

相槌のうちかた、話の反応の仕方、プレゼンの仕方、隙間時間の使い方、優先順位の付け方、、、実行してみても、もちろん経験や能力に差があるので、すぐにうまくはいきませんでしたが、やっていくうちに、どこがポイントなのか、何を押さえればよいのかが何となく見えてきました。

2年後には成績「0」から全国トップセールスになった―

そのあたりから、成績も徐々に上がっていき、2年後には成績「0」から全国トップセールスになることができたのです。

もしあの時、我流でずっと仕事をしていたら、きっと今の私はなかったと思います。
もちろん、自分の仕事のやり方、やりやすい方法などはありますので、それを無理やり変えることはないと思いますが、仕事の基本的な部分は、やはり仕事ができる人ものを真似ることが、自分の仕事術アップの一番の近道だと思います。

先輩から学ぶだけではなく、後輩や部下からも、学べることはたくさんあると思いますので、身近で仕事ができる人のやり方を、何か一つでも真似をしてみて、更に楽しく、仕事ができて、魅力的な働く女性になっていきたいですね。

関連記事

  1. 早起きは3文の得
  2. 自分らしさを見つけるには
  3. ロールモデル(目指す存在)を持とう
  4. 年賀状
  5. 新しいことを始める時
  6. こだわらず、捉われず
  7. 根拠の無い自信持つこと
  8. 人の温かさがパワーになる
PAGE TOP