話せる環境に不可欠なこと

皆さんこんにちは、前本です。

 

今回は「話せる環境に不可欠なこと」についてお話ししようと思います。

 
前回、いつでも話せる環境が女性にとっては重要と言いましたが、
話したいタイミングって、人それぞれ違いますよね。

毎日話したい人もいれば、
ポイントポイントで話したい人もいる。
すご~く溜めて、まとめて話したい人もいる。

一人一人性格が違うのですから、
タイミングは違って当たり前です。

 
でも、聞く人のタイミングはどうでしょう?

 
自分が話したい時に、都合良く聞くタイミングが来る人なんて、
そんなにいませんよね。

自分が話しやすい環境を作るのには、
話しを聞いてくれる人との関係がとても重要です。

 

まずは、自分から聞く

 
では、話しを聞いてくれる人との関係を良いものにするためには。

自分もその人の良い聞き役になることだと思います。

私は、毎日話したい!というタイプではないので、
会社では片山の話しをよく聞きます。
家でも、主人の話す仕事のことや、趣味のことをよく聞いています。

なので、私が「話したいことがある」と言った時には、
二人とも、快く聞き役を引き受けてくれます。

人は話したいという欲求を持っています。
相手のその欲求をまずは満たすことが、
良い聞き手を作る第一歩だと思います。

聞いて!聞いて!と求めるだけでなく、相手のことも考えて、
円滑なコミュニケーションを取れる人になりたいものですね。

関連記事

  1. 最初の気持ちを思い出してみる
  2. 震災を通して感じたこと
  3. 仕事を楽しむ
  4. できないと言わないこと。
  5. 目標の掲げ方
  6. どんな自分も全部自分
  7. 大切に使う
  8. 秋を楽しむ
PAGE TOP