ゆとりを持つ

皆さんこんにちは。前本です。

先日、会社にある胡蝶蘭が二回目の花をつけました。
自分で世話をしていただけに、嬉しかったです。
つい写メまで撮ってしまいました!

 

さて、今回は「ゆとりを持つ」についてお話したいと思います。

 
以前、オーストラリアのケアンズに行った時のことです。

多くの交差点に信号がなく、ロータリー状に
なっていることに驚きました。

交通量の多い場所でも信号がないのです。

事故が起こらないのかな・・・・
と思いながら、その交差点を眺めていました。

そうすると、事故はおろか、
クラクションを鳴らす車もいません。

そこを通る車は、他の車や歩行者がいないか、
減速して、譲り合いながら通って行くのです。

大阪の赤信号に突進してくる車とは
大違いですね(笑)

自分だけでなく、他者にも気を配れる、
「ゆとり」がこのスムーズなロータリー交差点から
垣間見れました。

 

いつになったら「ゆとり」はできるの?

 
「ゆとり」について、武田双雲さんのブログで
つぎのように書いてありました。

「ゆとり」は、ある日突然やってくるものでも、
獲得するものでもない。
そもそも誰にでも備わっているもの。

これを読んでなるほど!と思いました。

素敵だなと思う方は、皆さんお忙しいのに
次々と仕事をこなしてっらっしゃるし、
他の方への心配りも忘れないのです。

 
その方の中の「ゆとり」がオーストラリアの交差点のように
全てをスムーズに進めているのだなと思いました。

 
自分の中の「ゆとり」レベルも上げていって、
素敵な女性になりたいものです。

関連記事

  1. 毎日が特別な日
  2. 自分の可能性
  3. 下向きになってしまったら
  4. 年を重ねるとは魅力を重ねること
  5. ありがとうの力
  6. いつか取り組むなら今取り組もう
  7. アンテナを増やす
  8. 最初の気持ちを思い出してみる
PAGE TOP