自分の可能性

皆さんこんにちは。

ナチュラルリンク代表の片山美菜子です。

本日のテーマは、

『自分の可能性』です

最近、自分の可能性を、

広げるも狭めるも、

やっぱり自分なんだな~と痛感します。
 

以前の会社の私―

 
以前の会社で働いていた時、

今から考えると、

無謀だったな~と思うことが

たくさんありました。

以前の会社では、

年末に表彰制度がありまして、

その中に、

その年に入社した新卒社員の中で、

1人だけもらうことができる、

『新入社員優秀賞』というものがありました。

4月に入社して以来、

私はやることなすこと空回りばかりで、

勢いはあれど、失敗ばかりという状況の

新入社員だったのですが、

何故か、

私はきっと年末に新入社員賞をとってる

と当たり前のように思っていました。

(めっちゃ傲慢ですよね笑)

すると、

年末に新入社員優秀賞を頂くことができました。

また、

経営者の方に電話をすることすら、

緊張して躊躇していたのに、

ましてや、営業なんて、

やったこともないし、

全然できていなかったのに、

私はトップセールスになる

と言い続けていました。

当時の自分を考えると、

よくその状況で、そんな大口を叩けたものだと

すごく恥ずかしくなりますし、

もしかしたら周りからは、

『あいつ成果ゼロなのに何言ってるんだ?』

と笑われていたと思います…。
(きっと今の私が当時の自分の先輩なら、

何言ってんのと笑ってました(笑))

でも今振返ると、

当時の自分は、

そんな状況でも、

「自分はトップセールスになれる」と

本気で思っていました。

結果、

トップセールスになることができました。
 

何がそうさせたのか―

 
なぜ、イメージとは程遠い状況の中でも、

そう思えていたのか。

何故かと考えてみると、

 
…特に理由はありません(笑)
(すみません…。。)

でも、理屈ではない世界というか、

自分の可能性を信じる力が、

すごく強かったと思います。

周りがどう言おうと、

なんか自分にはできそうな気がする

という気持ちを常に持っていたなぁと。

 
スキルとか、能力とか、

そういったものの前に、

根本的に、

気持ちが前を向いていたことが、

すごく大きかった気がします。
 

当時の気持ちを思い出してみる―

 
そう考えると、

今の自分は、

当時の自分から学ぶことがたくさんあるなと思います。

もう一度、その当時の気持ちを

思い返すタイミングに

私自身は来ているのだなと思うのですが、

皆さんも、

子供のころとか、今より前に、

自分は何でもできそうと

思っていた頃のことを思い返されると、

すごく気持ちが楽になって、

今よりもっと、パワーが生まれてくるかもしませんね♪

今日は、ちょっと精神論的な話だったですが、

では、今週も1週間、楽しんで頑張ります♪

関連記事

  1. 春の足音
  2. 仕事で女性は綺麗になれる
  3. 自分らしさを見つけるには
  4. 早起きは3文の得
  5. 一周年
  6. 相手の良いところはどんどん真似る
  7. 仕事術をアップさせる方法
  8. まずは一人の人間として
PAGE TOP