伝える切り口を変える

皆さんこんにちは、ナチュラルリンクの片山です。

本日のテーマは、
「伝える切り口を変える」です。

先日、ある企業様の担当者の方々と、
セミナーの打ち合わせをしていた時の話です。

その企業様は、
ビジネスマンの方々向けにセミナーを開催されているのですが、
その中で、女性の視点の話が聞きたいというニーズがあり、
お声をかけていただき、
働くことに対しての考え方などの情報交換をしていました。

その時に担当者の方から言われたこと。

「伝えてらっしゃることは、
他の男性の経営者の方々と同じなんですけど、
切り口が女性ならではで全然違いますねー!新鮮です!」

あまり意識して話してなかったので、
「え、そうなの!?」とびっくりしました。

==

「結局は、片山さんも、他の男性経営者の皆さんも、
『一生懸命働いて自分を磨け!』というメッセージなんですが、
男性はそのままストレートに伝えることが多いんですけど、
女性って、自分がハッピーに働くためにはっていう切り口になるんですね

とのことでした。「なるほど・・・!」

詳しく言うと、

「自分が、自分らしくハッピーに働くためには、
周囲から認められ、応援され、協力を得られる人にならないといけない。

その為には、上司から応援される人になったり、
自分が周りから一目置かれるくらい結果を出したり、
周囲との関係性を大切にしたり、

そういったことを考えながら、日々仕事を頑張ることが大切で、
そうしていくと、絶対道は開けますよね」

という感じだったのですが、
言われて見れば、これは女性ならではの伝え方なのかなと思います。

==

女性は特に女性同士でに話をするとき、無意識的にですが、
相手に共感してほしい」という気持ちが強く働きます。

ですので、伝えるときも、
自分の感情が入ったり、
相手に「そうそう」と思ってもらえるように話したり、
相手と自分を同じ立場において話をする傾向にあります。

だから、そこを意識すると女性には伝わりやすいし、
受け入れてもらいやすい。

伝えることは同じでも、
切り口を変えてみて「共感を呼べる」話し方を心がけていきたいですね。

関連記事

  1. 「ズームイン」から「ズームアウト」へ
  2. 女性のまめさを活かす
  3. 伝えることの大切さ
  4. 女性は女性として
  5. 無料相談サービスについて
  6. 女子大生の口コミパワー
  7. 女性もタイプで全然違う
  8. 専務の産休
PAGE TOP