女性の本音を引き出す

皆さんこんにちは。
ナチュラルリンクの片山です。

本日のテーマは、
「女性の本音を引き出す」です。

女性は、
面と向かって本音をあまり
言わない生き物だなと思います。

協調や調和を大切にするので、
本音と建前をうまく使い分けているなと。

でも、観察力や洞察力が鋭い分、
その本音の中に、組織の状況を改善するヒントが
たくさん隠されているのだなと最近感じます。

==

先日、女性社員さんの座談会を
ある企業で開催させて頂きました。

組織の改善点、
自分達の会社に対する想い、
びっくりするくらいのたくさんの意見が出てきました。

最初は不満などが出てきても、
後半になり、

「この状況を改善する為に、自分達ができることは?」

という問いに関して、アイデアを出したり、
とても真剣に答えてらっしゃる姿を見て、

やっぱり答えは、
現場の皆さんがお持ちなのだなと感じました。

==

女性の本音が聞きたいという
経営者やマネジメント層の方は
結構多いなと思うのですが、

本音を引き出すには、
「第3者に話ができる環境」
有効だと思います。

私も以前の会社では、
直属の上司にも相談していましたが、

全く関係ない部署の役職者の方にも、
よく相談に行っていました。

他の女性社員さんを見ていても、
結構そんな形が多かったです。

第3者なので話がしやすく、
また客観的な立場からのアドバイス受けて、
改善・提案に動いたりしていました。

部署を超えて勉強会をしたり、
集まったりすることが比較的多い職場だったので、
距離が近かったこともあると思いますが、

部門を超えたコミュニケーションを
取れる環境が、
女性の本音を引き出す為にはとても有効なのですね。

関連記事

  1. やはり関係性
  2. 見えないところ
  3. 女性社員活用について
  4. 専務の産休
  5. ラジオ体操効果
  6. 女性の行動の判断基準について
  7. いつもありがとう
  8. 楽しい、面白い、美味しい、気持ちいい
PAGE TOP