もし、皆さんの部署の女性社員が明日妊娠したら?

育休復帰が円滑に進む組織になることに関して、大事な視点は、
多様な人材が働きながらも、業績をあげていける仕組みのある組織
になるということです。

女性の管理職を育成する上でも同じ事が言えます。

この考え方が共有されていないと、

「短時間勤務の人ははやく帰れてその分しわ寄せがこちらにくる。」
というチームの不満になったり、

「子供を産んだ女性は得だな」
という風に社内ではうつってしまってうまくいかなかったり、

逆に復帰後、女性が辞めてしまう結果になったりもします。

 

育休前が大切-

 

「多様な人材が働きながらも、業績をあげていける仕組みのある組織」であるかについては、
社員さんの育休取得や、復帰する前にこそ、見なおしておくことが大切です。

ではもし明日、部署の女性社員が妊娠したら、どうしますか?
まず、何を気をつけないといけないのでしょうか?

最初にやってくるのはつわりです。

私も実は現在、妊娠5ヶ月目で、つわりにはかなり苦しめられました。

女性活躍を支援する仕事をしている私でさえ今まで、
「つわりで会社を休むのは、責任感が足りない証拠だ」と思っていました。

ですが、実際自分がつわりを体験してみて、
「いや、これは出社は無理だ・・・」と身にしみて感じました。

人それぞれで、違いもありますが、
食べては吐く、電車の中でも吐き気をもよおす、一駅ごとに降りて、
外の空気を吸って大丈夫になったらまた電車に乗る。
ひどい時は起き上がることも辛い状況でした。

こういった状態では、とても仕事にはいけず、
スタッフに仕事を任せて休むことが多かったです。

 

では、このような状況になった場合、
どのような動きをチームとして取ればいいのでしょうか?

続きはこちらからご覧くださいませ。

人事Gate「女性を活かし企業を元気に!長期定着化のコツ」
http://jinjigate.jp/column_detail/&blog_id=8&id=312

関連記事

  1. 【新卒採用】最近の新卒は、女子の方が優秀ってホント?
  2. できそうな目標がステップで見えるからやる気になる
  3. 産休育休中の女性の心境ー
  4. 海外の働き方と女性管理職登用
  5. 自分の部署で、女性管理職を育てる為のステップについて
  6. 女性マネジメントについて日ごろ意識したいポイント
  7. イクメンプロジェクト
  8. 育休復帰してまでも働きたい会社かどうか
PAGE TOP