「段取力」を高める

皆さんこんにちは。

ナチュラルリンクの片山美菜子です。
だいぶ寒くなってきましたが、皆さんお元気にされてますでしょうか?

本日のテーマは「段取力を高める」についてです。

仕事をするにも、プライベートを楽しむにも、

“段取り”というのは非常に大切だと思うのですが、
では「段取り」ってそもそも何でしょうか?

段を取る―

先日あるお話を聞きました。

段取り」とは、「段を取る」ということ。

ゴールがあっても、
大きなジャンプでは到底たどりつけない。

だから、小さく段を取っていく。

自分が超えられる段にまで区切ってから、
一段一段上っていく。

そして最終的にゴールに到達する。

これが”段取り”だそうです。

(ちなみに、段取りという概念は日本が発祥で、
海外では「DANDORI」として使われていたそうですよ!

それが、プロジェクトマネジメントという言葉で、
日本に逆輸入されてきたそうです。)

女性にとって”段取力”はとても大切―

そしてこの”段取力”、将来仕事も家庭も両立したい女性にとっては、
“必要不可欠な力”だと思うのです。
 
私の先輩で、子供を育てながら仕事をしている女性がいるのですが、
彼女は仕事が終わって家に帰って、
 
例えば、
8時までにご飯を3人分用意して、アイロンと洗濯を済ませる

としたら、

・まずご飯をたいて、
・時間がかかる煮物から先につくって、
・洗濯機を回して、
・回している間におかずを1、2品つくって、
・アイロンがけをして、
・洗濯が終わったから干して、
・全部終わったと同時にご飯が炊けたー!

みたいな…(あくまで例です(笑))
そんな感じだそうです。

私の母は主婦ですが、
そばで見ていて、段取の良さには脱帽で、
もしどこかに就職としたら、
きっと恐ろしい”スピード”と”正確性”を持って仕事をこなすんだろうなって思います。

“段取力”を高めるには、何が大切か―

ではこの”段取力”を高めるには、何が大切か。

3つあるそうです。

①ゴールを明確にする(何を、どこまで、いつまでにやるのか)
②ゴールまでに必要な項目を洗い出す
③その項目を一番早く処理する方法、目安時間を決めて、スタート!

なんてシンプル!!

また、以前、株式会社ワークライフバランスの小室淑恵社長の
本を読んだ時、
“段取力”を高めるには、「仕事の後に無理にでも予定を入れること
と書いてあり、
「なるほどー」と思ったことを覚えています。

たとえば―

たとえば仕事でいうと、

①今日のゴールは、6時までに、AとBとCの仕事を完結している状態。
②その為には、1と2と3と4と5が必要。
③1~5を一番早くするにはどんな方法があるか?午前中にはここまで終えて、一個一個クリアしていく。

シンプルですが、いきなりやると難しかったり、
まず段取りを考えることに時間がかかってしまいますよね。。
(私もまだまだです…)

でもきっと主婦の方や母親は、
毎日、毎月、毎年、何十年、これを繰り返しているので、
自分の体にしみ込んでいる。

だから、自然と”段取上手”になっているのだと思います。

段取上手=仕事の質を高める=プライベートの時間も作って楽しめる―

いきなり、スーパーマンにはなれないけれど、
まずは、今日一日の仕事から、見直して、
一歩一歩やっていくと、
1年後には、今の自分から大きく成長した自分に出会えるのかなと思います。

私も・・・頑張ります!!

関連記事

  1. 「ものを大切に扱う」
  2. 神は細部に宿る
  3. 話せる環境に不可欠なこと
  4. 言葉の威力
  5. 仕事術をアップさせる方法
  6. 相手の長所を見る
  7. やった方がいいなぁ~と思うことをやること
  8. 周囲の力をパワーに変える
PAGE TOP