帰る場所

ナチュラルリンクインターン生の宍戸奈央です。

実家のある宮城に帰っていたので
只今、新幹線のなかからこのメルマガを書いています。

10日間、ほんとにこれといってなんの目的も持たず、
まったり、ゆったりとした時間をすごしました。

とゆうことで、

今回のテーマは

「帰る場所」です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

頑張っていないといや!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

私は何かしていないと落ち着かないタイプで、

何か目標がないと、なんとなく
「うーん、しっくりこない。」と思ってしまいます。

最近、ちょっと体調を崩してしまい
大学生活のなかでずっともっていた大きな目標が
果たせなくなってしまいました。

自分自身それがとてもショックで、
体調を崩した自分が嫌になったし、
どうして頑張ったことがこんな結果になって返ってくるんだろう?と思いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

地元に帰って、

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そんな中、地元に帰り友人たちと話しました。

友人たちいわく、
昔から私は倒れてから自分が疲れていることに気づいて、
思い通りになるまでやらないと気が済まないタイプらしく、
そのくせ気が強かったので、
みんなハラハラしながら私のことを見ていたそうです。

話していると、
みんなよく私の友達でいてくれたよなあ、
なんて思うエピソードもありました。笑

でも、そんな私をみんな叱ったりしながら認めて、
ずっと友達でいてくれました。

あー、こういうふうに自分を認めてくれる場所って
いっぱいいっぱいで気づいて無いだけで
ちゃんとあるんだなあ、と思いました。

そう思ったら、
体調崩したのにも多分意味があって、
今ちょっとしんどいけど、なんとかなる!
うまくいかなかったら、また帰ってこよ!

と思えるようになりました。
帰る場所があるっていいな、と思いました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

自分を認める。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

たぶん、自分を認めるって
まず他人から認めてもらわないとできないことなんです。

それから、気づかないだけで、
自分を認めてくれる場所は案外沢山あるということ。

思い返してみれば、京都にも大阪にも
私を心配してくれる人かなりいる。笑

なので、こんな自分ですがしっかり認めて、
私を心配してくれる、大切な人たちに恥じないように
次へ進んでいこうと思います。

それから、私自身も大切な人たちを
認めて、受け止めて、励ませる場所になりたいなあ、と思いました。

関連記事

  1. ロールモデルに触れる
  2. 思い切って発信する
  3. 目の前のことに一生懸命取り組む
  4. 無料相談サービスについて〜for woman〜
  5. 自社の商品に惚れ込むこと
  6. 焦らなくてもいい
  7. 命の神秘
  8. 仲間に頼る
PAGE TOP