個性があって当たり前

皆さんこんにちは、前本です。

 

今回は「個性があって当たり前」についてお話ししようと思います。

 
弊社の近くには銀杏の木が沢山あります。
最近の冷え込みのおかげで、
黄色く色づき始めました。

しかし、この銀杏、近くに生えているのに、
色づきに差があります。

日当たり等が関係しているのかもれませんが、
真っ黄色に染まっているものもあれば、
まだ、青々としているものもあります。

同じ銀杏でも、それぞれ個性があるんですね。

しばらくは、彩りを楽しめそうです。

 

銀杏を見ながら思ったこと

 
この銀杏を見ながら、ふと思いました。

同じ植物の銀杏でも、それぞれ個性があります。
人はさらに個性があって当たり前だなと。

育ってきた時代や環境、体験してきたこと、
出会ってきた人。
それを基に作られた価値観や考え方。

似た人はいても全く同じ人はいませんよね。

○○さんにとっての正解が
私にとっての正解になるとは限りません。

これからますます多様な個性を持った方と
出会う機会が増えると思います。

その個性を受け入れることや、
自分が他と違っていても自信を持つこと

重要だなと思いました。

関連記事

  1. 「ものを大切に扱う」
  2. 人を受け入れる
  3. 実るほど頭を垂れる稲穂かな
  4. 越えられない山はない
  5. 命の神秘
  6. 周囲の力をパワーに変える
  7. 普通とは
  8. 頑張る女性は美しい
PAGE TOP