こだわらず、捉われず

皆さんこんにちは。
ナチュラルリンクの片山です。

本日のテーマは、
「こだわらず、捉われず」
です。

先日、新地のバーに行きました。
そこのママがおっしゃっていたこと。

それが、
「こだわらず、捉われず」でした。

ママの言葉―

「生きていると、大変なこととか、
うまくいかないこととか、

周りに色々と言われたりとか、
色々あるけど、

全ては、
『こだわらず、捉われずやで』。」

なんて深い言葉なんだと思い、
思わずメモしました。

捉われ過ぎていた時期―

私は昔から、
周囲の情報に、
すごく左右される人間でした。

Aがいいよと言われれば、
Aに行き、

Bがいいよと言われれば、
Bに行く。

あまりにも周りに流され過ぎて、
自分が無さ過ぎて、

自分でも嫌になることが
多々ありました。

あまりの危っかさに、
周りからも、

「素直なのはいいけど、
フィルターが無さ過ぎ!
もっと自分を持たないと!」

と言われたりしていました。

起業してからも、こんな自分を見て
自己嫌悪に陥っていた時期が
長く続きました。

なんでこんなぶれぶれなんだろう…と。

起こる出来事に対しても、
いちいちパニックになったり、
右往左往したりして(笑)

少しずつ―

でも最近になってやっと、
受け止め方が変わってきました。

皆さんからのアドバイスは、
素直に受け取る。

でも、あくまでも、
その人の価値観の中での
アドバイスということは、

色々な見方がある中の一つであって、
それが全てではないということ。

なるほど、そういう考えもある。
だからここは取り入れよう。

でも大事なのは、
自分がどうしたいかだから、
このまま進もうとか。

起こる出来事も、
きっと全てに意味があるのだから、
いちいちあたふたする必要はなくて、

そこから学んで、
どう対処するかを考えるだけだなとか。

やっとそんな風に思えるようになった時に、

この、
「こだわらず、捉われず」という言葉を聞いたので、
とても心に刺さりました。

きっと、
まだまだこれからで、

やっとスタート地点に
立てたところですが、

こだわらず、捉われず、
まっすぐに、
進んでいきたいなと思います。

関連記事

  1. 仕事で女性は綺麗になれる
  2. 2010年は・・・
  3. 変化に対応する
  4. 新しいスタート
  5. 自分が変わることによって、周囲の状況は変えられる
  6. 仕事は自分次第で楽しめる
  7. 相手の長所を見る
  8. いつでも話せる環境を
PAGE TOP