周囲の力をパワーに変える

皆さんこんにちは。
株式会社ナチュラルリンク代表取締役の片山美菜子です。

今日のテーマは、「周囲の力をパワーに変える」です。

 
仕事をしていると、
うまくいかないことがあったり、
結果が出なかったり、お客様や上司から叱られたり、、、

色々なことがありますよね。
  
・私はこの仕事に向いてないのかなぁ。
・頑張ってるのにうまくいかないなぁ。
・もうしんどくなってきたなぁ。
・頑張ったし、もうそろそろいいかな…。
 
そんな思考のサイクルに陥ってしまうと、
どんどん深みにはまっていってしまいますよね。 

そんな時は、ちょっと待って!!―

そんな時は、日頃から“自分を支えてくれている人の顔”
自分を応援してくれている人の顔”を、
少し思い出してみて下さい。
 
両親、友人、恋人、パートナー、
会社の社長、先輩、後輩、お客様、どんな方でも何人でもいいのですけれど、

そうやって、普段から”自分を支えてくれている人の顔”を
一人一人思い出すだけで(きっとみんな笑顔なはず)
 
何となく、パワーが湧いてきます。
そして、「私頑張れるかも」と思えるようになります。

ちょっとした事で変わる―

人というのは不思議なもので、
気持ち次第で大きく変わりますよね。

■人は同時にひとつのことしか思い浮かべることができない
■人の思考は言葉によってつくられる
 
と言われています。

うまくいかない状況と、うまくいっている状況を
同時に思い浮かべて下さいと言われても、
交互にはできても、同時に、思い浮かべることはできませんよね。

また人の思考は、言葉によってつくられているので、
(人は言葉によって考えるので)
言葉が思考や脳に与える影響はとても大きい。

だから、
「思考を無理に変えよう」とするのではなく、
「言葉を前向きな言葉に変えるよう」と意識すると、

その言葉によって、思考も前向きになり、
結果気持ちも明るくなるそうです。
 
ということは、
頭の中に、支えてくれる人の顔を思い浮かべて、
「私、大丈夫」とか「うん、きっとできる」
という言葉をつかうだけで

気持ちはぐんっと変わると思います。

実は私も―

私も、現在会社を設立して間もない訳で、
私は実を言うとすごく小心者なのです。。
 
よく周囲からは、
 
『女性で、20代で会社を興すなんて、勇気あるねー。』
と言われるのですが、いやいやとんでもない。

すごく心配症ですし、色々考えてしまうタイプなのです。

「もう無理かもしれない」とか、
「あかん」とか、思ってしまうこともあるのですが、

そんな私が頑張れるのは、
“周囲で支えて下さる、応援して下さる存在”のお陰なのです。

先輩経営者、友人、パートナー、両親、専務、
以前の会社の仲間、お客様の顔を思いだすと、
不思議とパワーがわいてきて、こう思えます。

「こんなに自分の周りには自分を応援してくれる人がいる。
だから大丈夫、もっと頑張れる」

自分らしく、楽しく働く―

しんどくなってしまったとき、
特に女性の場合は、
一人で考えるのではなく、もちろん周りに話を聞いてもらうことも大切ですよね。

でも、自分自身でも、
自分の気持ちをコントロールできるようになると、
もっともっと自分らしく楽しく、頑張ることができると
思います。

私も、日頃から支えて下さる方々にしっかり恩返しができるよう、
日々一生懸命取り組んでいきたいと思います。

関連記事

  1. 忙しいは嫌なコト??
  2. 自分を知る
  3. 白鳥の水面下
  4. 春の足音
  5. 目の前のことに目を向ける
  6. 目標の掲げ方
  7. 仕事で女性は綺麗になれる
  8. 「情熱」で「常識」を超える
PAGE TOP