喜び上手

皆さんこんにちは。前本です。

3月に入りましたね。
年度末で皆さん忙しいと思いますが、
体調には気を付けてくださいね。

 

本日は、「喜び上手」についてお話ししたいと思います。

 

 

うちの片山は喜び上手です。

先週の誕生日にケーキとプレゼントを持って行ったときにも
大喜びをしていました。

もちろん、日常の何気ないことにも喜んでくれます。

資料を作った時や、買い出しをした時、
はたまた、些細な話を聞いたときなど。。。

そんなに喜ばれると恐縮するぐらい喜んでくれます。

 
でも、喜ばれると嬉しいですよね。
とてもいい気分になりますし、次も喜んでもらおう!と頑張れます。

 

相手を動かすテクニック

 
片山を見ていて喜び上手な人は、
人を動かせる人だなと感じます。

喜ばれて嫌な人はいません。
ちゃんと自分のことを見てくれているんだなと感じますし、
また、次も喜んでもらいたい!と思えるからです。

実際、私も「こんなことしたら片山は喜ぶかな~」
なんて考えながら、普段仕事をしています。

みごとに、片山に動かされています!
しかも、自然に気分良く動いているのです。

 
相手に気分良く動いてもらうためには、
喜び上手になるのも、ひとつの手ですね。

関連記事

  1. 続けるということ
  2. 女性社員さん対象のセミナー
  3. 日常と非日常
  4. ちゃんと認めよう
  5. 仕事術をアップさせる方法
  6. 無くして気づくこと
  7. 起こる物事に偶然はない
  8. ありがとうの力
PAGE TOP