トイレの神様

皆さんこんにちは。前本です。

今週は少し暖かいですね。
窓から外を見ると、太陽の光がキラキラしていて、とてもきれいです。

 

さて、今日は「トイレの神様」について書こうと思います。

 
え!!!?って思いますよね・・・
これは、シンガーソングライター植村花菜さんの曲の名前です。

ナチュラルリンクのオフィスでは、普段ラジオが流れています。
ある日流れてきたのが、この「トイレの神様」でした。

小さい頃、おばあちゃんと一緒に暮らしていた植村さん。
その実話をもとに作られた曲だそうです。
おばあちゃんへの想いが、とてもいっぱい詰まっている曲です。

歌詞がホームページでUPされているとのことで、
改めて見てみました。
仕事中にも関わらず、涙が溢れてきそうになりました。

 

小さい頃の思い出

 
私には80歳を超えた祖父母がいます。
同居をしていた時期もありました。

両親が共働きだったのもあり、
小さい頃は、遊んだり、怒られたりしたのを覚えています。

最近携帯を持つようになった祖父母。
お酒が入るとよく電話がかかってきます。

昔と変わらない大きな声に、毎回励まされます。

 

普段から周りへの感謝を忘れないように心がけていますが、
この曲を聞いて、まだまだ足りないなと感じました。

歳からいっても、祖父母と過ごせる時間は多くはないでしょう。
残りの時間を改めて大切に過ごしていきたいなと感じました。

 

この「トイレの神様」は10分弱ある曲です。
ぜひ一度ゆっくりと聞いてみてください。
仕事の忙しさの中で忘れかけていた、
懐かしい想いや感謝を感じることができるはずです。

関連記事

  1. 月下美人
  2. 個性があって当たり前
  3. 「世渡り上手になる」こと
  4. サラダのような仕事人
  5. 全てに意味がある
  6. ITは女性の働き方を変える
  7. 2010年は・・・
  8. 人の温かさがパワーになる
PAGE TOP