育休復帰してまでも働きたい会社かどうか

産休育休中の女性の心境ー

 

私ごとですが、現在妊娠10ヶ月目でして、
早いもので臨月に入りました。
(この投稿がアップされる頃には、おそらくもう出産していると思います!)

妊娠10ヶ月と言うと、だいぶお腹も重く、膀胱も圧迫されるため、
夜中に2,3度トイレで起きます。

まっすぐ座るのもお腹がつかえるのでだいぶしんどくなってきました。

「皮膚ってこんなに伸びるのか…」とびっくりするくらい、
お腹も顔も(笑)あらゆる部分がパンパンです。

私は前にお腹が突き出ているので、
本人よりも周囲が、「こんな体で仕事して本当に大丈夫?」と心配してくださるのですが、
あと少し、がんばります!

 

保育園探しから思ったことー

 

先週末、来年の保育園の見学に行きました。
私が住んでいる地域は、認可保育園に入るのが大変難しいようなので、
認可外を主に回ってみました。

ここはこの部分がいいけれど、あそこはまた別の部分が良い、ということもあり、
保育園を決めるって難しいものだなーと感じました。

「大事なわが子を預けるのだから、ちゃんとしたところに預けたい。

でも、お金はできるだけ押さえたい。」(保育園の料金もばかになりませんね)

そんな気持ちで保育園を探しつつも、

預けるまでの間は、母や家族にたくさん手伝ってもらわないといけないなー。
来年のアポの入れ方は考えていかないといけないなー。
・・・等、

産んだ後のことを色々と考えながら、ふと思いました。

 

続きはこちらからご覧くださいませ。
人事Gate「女性を活かし企業を元気に!長期定着化のコツ」
http://jinjigate.jp/column_detail/blog_id=8&id=349

関連記事

  1. 女性部下との関係性「横から目線」で作ろう
  2. 【女性のモチベーション】 意欲高く育休復帰した女性が、モチベーシ…
  3. 管理職や上司の方対象の勉強会開催のポイント
  4. 目の前の仕事の改善が役職への近道
  5. 【新卒採用】最近の新卒は、女子の方が優秀ってホント?
  6. 定時で目標達成ができる部署になるためのポイント
  7. 女性社員自らの“育休復帰できる”という意思をいかに育むか?
  8. 続ける為の強いチームが作れる条件
PAGE TOP